朝起きられないならキリツテインというサプリメント

朝起きられない人にサプリメントをおすすめする理由



朝起きられないって、なんか人生損している気がしませんか?ましてやそれが自分の愛する子供のことだったら・・・。

朝起きれない人におすすめなサプリメントがあります!キリツテインとか!

大人でも子供でも朝起きれない人が増えています・・・

このサイトでは、朝起きられない人のために設計・開発されたサプリメントとして2つほどサプリを紹介しています。
加えて、ダイエットを目的としたサプリなんですが、これが意外に「朝起きられるようになった!」と評判なので、もう1つ。 (どれも子供用としても大人用としても使えるものです)


キリツテインはどのように機能する?
キリツテイン
http://www.kiritsutain.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きられないなら「お医者さんに診てもらったほうがいい?」


朝起きられない、という症状は、病気の可能性もあるので、まずはお医者さんに診てもらうことが大切です。

たしかに医薬品ではないサプリメントですべてが解決できるか、というとそんなに簡単な問題ではないとは思います。
なぜなら「朝起きられない」原因として、起立性調節障害や自律神経失調症といった病気である場合も多いからです。

ただし、お医者さん自身も公言されていますが、たとえば起立性調節障害が疑われたとして、低血圧であることを前提として、応急的に血圧を上げるための薬「昇圧薬」を処方するのに留まるようです。
なぜなら朝起きられない原因として挙げられる自律神経の問題や精神的な問題を根本的に解決するためには、結局、自身で生活習慣を改めたり、自律神経が機能するように積極的に生活のリズムを変えたり等々しなければならず、医薬品での対処にも限界があるわけです。

また、朝起きられないのが子供の場合は、できるだけ「昇圧薬」のような医薬品は使いたくない、と思うのが一般的な親御さんの考えではないでしょうか。

朝起きれなくて処方された薬に頼れないならばサプリなんてもっと意味がない?

個人的にですが以下の理由で朝起きれないことを解消するためには、むしろサプリメントのほうが良いのかも、と考えています。

そのサプリを服用するメリットですが

  • 医薬品のように強くないので、毎日すこしずつ続けられる
  • 毎日「飲む」ということ自体が、生活のリズムをつくるキッカケとなる
  • 精神的なことが原因になっている場合は「サプリを飲んでいるから大丈夫」という精神的な拠りどころができる
  • 精神的な落ち着きにつながると言われる成分を配合しているサプリもある
  • 通常の食生活の栄養補助剤として、不足した栄養素を補ってくれる
  • 自律神経の動きと切り離せないホルモンの形成に寄与する栄養素が補充できるサプリもある
  • 第二の脳と呼ばれる腸内環境を改善することで、自律神経の安定化に寄与するサプリもある

サプリが栄養補助剤なら、そもそも普段の食事を少し充実させればいいんじゃないでしょうか?

おっしゃる通り、朝起きられないことに限らず、人間の健康を維持するためには食生活の充実が基本ですね。
ただし問題は親御さんが朝起きられない子供さんのために、毎日3食つきっきりで栄養のバランスの整った食事を出し続けることが可能か?ということなんです。

また目的のない食事を続けていても、現状維持は可能だと思いますが、いまある悪い状況を変えるだけの効果が出てくるかは疑問ですね。

サプリメントは決して安い買い物ではないと思いますが、例えば下記で紹介するキリツテインというサプリは医学論文としても取り上げられている「L-テアニン」という栄養素を、普通の食事では摂りきれない量を配合して作られているものなので、非常に効率のよい存在であるということがわかるかと思います。ひとつの効果的な栄養素を多めに摂取するには、それを含む大量の食材を口にしなければならないわけです。


ゆっくり、じっくり。毎日決まった時間にサプリを飲むことが生活のリズムづくりにつながります。

サプリはあくまで健康食品、あるいは栄養補助剤にすぎないのですが、継続的に上手に使えば、かなりよいアシストをしてくれるということがお分かりいただけると思います。

朝起きれない人のためのサプリメント。おすすめはこちら!

このサイトでは、それぞれエビデンス(試験結果・研究結果など)や豊富な口コミが存在する、いわば統計的に信頼できるサプリを紹介しています。

人生は有限です。

子どもたちの楽しい季節はあっという間に終わってしまいます!
試せるものはどんどん試してみましょう。
とにかく手をつくすことが大切ですね!

キリツテイン

キリツテインは、寝起きのスッキリ感について医学論文でも取り上げられている「L-テアニン」という成分をしっかり配合しているサプリメントです。
キリツテインは、ユーザーアンケートによる満足感は92.7%という評価がなされています。

朝が起きられない、不登校、起立性調節障害の悩みにサプリメント|キリツテイン
http://www.kiritsutain.com/


キリツテインについてもっと詳しく紹介しています。興味のある方はこちらを参照ください。


マインドガード

マインドガードは、体内では作り出せない、必ず口から摂取しなければならない「必須アミノ酸」をバランス良く配合しているサプリメントです。体内のバランスを整えて、結果として人間の生活リズムの安定化にも寄与する各種ホルモン類は、このアミノ酸類が補充され続けていてはじめて充分に機能するわけです。
特にセレトニンという通称“満足ホルモン”とよばれるホルモンは、睡眠の質に大きく影響を与えていると言われています。
朝起きられない原因として、子供は好き嫌いがあったり、お菓子等で糖質摂取の比率が高かったりして軽度な栄養失調の状態に陥っている可能性も要チェックポイントです。
そういった点が朝起きれない原因として疑われるのであればマインドガードはおすすめです。

http://kokoronoaojiru.com/lp/childcare/
http://kokoronoaojiru.com/lp/childcare/


マインドガードについてもっと詳しく紹介しています。興味のある方はこちらを参照ください。


こうじ酵素

こうじ酵素は人気サプリメントなので、その名前を耳にしたり、実際に中身も知っている人も多いかもしれません。
公式サイトに飛んでいただくとわかると思いますが、その内容は主にダイエット中心のメリットをアピールする内容になっています。

ただし、口コミサイトでこうじ酵素の口コミを見てみると、意外なんですがちょっと驚くほどに「疲れがとれるようになった」「疲れが残らなくなった」「朝スッキリ起きられるようになった」という口コミがずらっと並んでいます。

(参考:アットコスメ http://www.cosme.net/product/product_id/10071887/reviews)

こうじ酵素は酵素の力で栄養の摂取効率を高め、糖質を上手に取り込めるようになるのでエネルギー不足を補うことになりますし、体内でダブついた栄養素の処理が進むので睡眠時の“残業”発生が抑えられ、結果的に睡眠中の身体のメンテナンスが行われやすくなって、睡眠の質も高まり、疲れも抜け、朝も起きやすい、という流れが起きるのだと考えられます。

上記2サプリと比較すると、価格的にも安く、疲労感の改善や朝のだるさの改善策としてもオススメのサプリだと思います。

https://cp.u-u-kan.jp/p1_koso1sm_pcn_new_adv990
https://cp.u-u-kan.jp/


「こうじ酵素」についてもっと詳しく紹介しています。興味のある方はこちらを参照ください。

朝起きれない原因とは?

ほぼ健康体で朝が起きられない、という症状の原因としては、自律神経のリズムが悪くなっているのだろうというのが原因の大半ではないでしょうか。

人間の神経系には大まかに言って2つあります。
ひとつは交感神経と言って、主に起きている時に優位に立って身体をコントロールしています。一方、もう一つは副交感神経と言って、交感神経の活動のバックグラウンドでコンピュータ制御されている人工知能のように調整をしつづけていて、寝ている時には優位に立って体内のメンテナンスや代謝をしずかにリードしています。

交感神経は覚醒時の人間の行動、具体的にいえば、人間の身体に対して歩かせたり、仕事の作業をさせたり、五感を使って知覚させたり、という身体を使った動きなどを司っています。我々も目にしやすい大きな筋肉などを動かします。
また日中の社会生活などから様々な刺激を知覚し、ストレスを感じる窓口としても稼働しているわけです。

副交感神経は、例えば呼吸をさせたり、食べたものをベルトコンベアーのように止まることなく流し続けたり、体温調節として発汗を促したり、寒いときには筋肉を震えさせて熱を出させたりします。睡眠時には、メンテンスとして古くなった細胞を処分し、また体内に運び込まれた栄養素と成長ホルモンによって新しい細胞を作り出し、入れ替えるような作業を行っているわけです。
人間には生命として誕生して以来、朝に光を浴びることで目を覚まし、その十数時間後(朝7時起床ならば、夜20時とか21とか)には自動的にメラトニンというホルモンが出はじめることで眠くなって一日の活動を終える、ということになります。人間はその身体の仕組みとして、自動的にこの副交感神経が活動しやすい時間帯を睡眠によって作り出そうとするわけですね。

自律神経のリズムが悪い、というのは、要するに、これら交感神経と副交感神経の切り替えが上手く言っていない、ということですね。子供であれば昼間は元気に楽しく学んで食べて遊んで。そして夜になったら自然と眠くなって“寝る子は育つ”という言葉通りに、しっかりと体内のメンテナンスを行って、また翌朝からしっかり活動する、という流れが崩れてしまっていることが、朝起きれない理由として考えられます。

自律神経のリズムが狂うことになった原因とは?

なぜ自律神経のリズムが狂ってしまったのか?理由はいくつか考えられると思います。

精神的なストレスによって自律神経のリズムが狂ってしまった場合

よく精神的なストレスで眠れなくなった、とか夜眠れないので朝もスッキリ起きられない、といったことが言われますが、これをもう少し丁寧に説明してみますね。

ストレスが高まっている状態とはどういう状況なのかこれをしっかりイメージしておくことが肝要かと思います。

人間というよりも、人間になる前のお猿さん時代を例にしたほうがわかりやすいかもしれません。
お猿さん時代の日中。様々なストレスが想像できますね。外部の群れとの縄張り争いに備えて常に外部からの侵入者に神経を尖らせていなければならないです。その他に群れを維持するためのボスや団体行動への配慮・・・。

もし仮に、他の群れが餌を求めて侵入してきたら・・・。
お猿さん達は戦闘に備えて、あるいは逃亡に備えて脳と運動するための筋肉に持てるものすべてを集中させて備えます。事がある前に心臓がドキドキするというのはこの時代のなごりですね。思考を途切れさせないように脳に血液を送り、筋肉をフル稼働できる体制を整えます。
はい、この状態、交感神経が自分の生存をかけてバリバリに緊張して稼働している状態ですね。

実は人間はまだこの“お猿さん”だった時代の身体反応のなごりが残っていると言われています。現代の日本においては、よっぽどのことがない限り外敵に襲われ命まで奪われる、ということは無いわけです。ただし、中学生や高校生が進学して新しい環境に進んだ時に、外敵ではありませんがストレスが発生し、そのストレスから“生き残り”を図るためにビンビンに交感神経が緊張し、あるはずもない“戦い”に備えて準備を行うわけです。
困ってしまうのが、この「交感神経ビンビン」の状態は、本人の意志とはまったく別に勝手に発生して、いつのまにか条件反射的に学校のことを思うだけで自動的にビンビン状態に入ってしまうわけで・・・。

この状態に入ってしまうと、交感神経の緊張が副交感神経との交代を拒み、夜もよく眠れず・・・という流れができてしまいます。こうなると中学生や高校生はもちろん、小学生でもなかなか自助努力では抜け出すことは難しいといえるでしょう。

ちなみにストレスを感じると、“きたるべき戦いに備える”ために、エネルギー源の糖質が大量に必要になる、と考えるのが人間の身体です。食物が体内に摂り込まれてこないのなら、体内の脂肪を溶かして糖に変換し、血液中に放出します。
でも“きたるべき戦い”なんてものは来ないので、特に“戦い”などなくエネルギーも使っていないので、使われなくなった糖は再び体内脂肪として取り組まれるのです。この動きからすると、朝起きられない子の傾向として、ヒョロヒョロの痩せ型か肥満型か、どちらかに別れる傾向があるかもしれません。

人間がなんらかのストレスを受けて緊張したり、上がってしまったりすることは、もう祖先から受け継いだ物なのでこれは無くすことはできないわけです。
ですから、われわれは何らかの知恵を使って、無理矢理にでもこの交感神経ビンビンの状態を解き放つ方法を会得しておく必要があるといえるでしょう。中学生や高校生もちろn小学生も特別こういった情報や知恵は持ち得ていないので、具体的な方法を教えてやる必要があり、またそれを習慣として子どもたちの財産としてわたしてあげることが大切ですね。

入浴ひとつでもいいのだと思います。楽しことや好きなことを思い浮かべながら湯船で自分の身体をマッサージするとか。
最近瞑想といった思考をポジティブに変える手法も話題になっていますが、ちょっとしたジョギングなども瞑想と同じでプラス思考づくりには良いそうなので、毎日の生活の中でこういった自分に合った切り替えの手法を習慣づけられるとよいですね!
寝る前にサプリメントを飲むとして、その際にちょっとお母さんと楽しい会話をするとか、NHKの連続ドラマの再放送を一緒に見ながら会話をしてみたり・・・そういったことが一日の満足感として定着していくことが良いのかもしれません。

実はうちの子もそうでしたが、緊張シイなタイプなので、小さかった頃は毎年冬になると足に「しもやけ」ができて大変でした。要するにこれは、交感神経がつねに“戦闘”に備えているので、まずは脳や大きい筋肉が優先で、末端の足先などには血流が最低限に抑えられるからなのでしょう。
中学生になる頃には、足が臭くて大変でしたが、要するに末端のケアを行う副交感神経の働きが抑えられてしまっているので老廃物の処理も進みにくく、新しい細胞も作りにくい、といったことだったのでしょう。実際に朝もなかなか起きてこなかったです

現代を生きて行くにはストレスが皆無な状態はありえません。ですので、自分で交感神経と副交感神経を切り替えられるような工夫をしていく必要があり、そこが習慣として出来るようになれば睡眠も深くなり、朝もすっきりと起きられるようになると考えられます。


環境的な問題によって自律神経のリズムが狂ってしまった場合

小学生もそうですが、中学生高校生でよくありがちなのが、布団の中で寝るまえのゲームあるいはスマホいじりです。

以前にトップアスリートを指導するトレーナーさんの話をうかがったことがありますが「一流になりたいのなら、絶対に寝る前のブルーライトはNGだよ!」とおっしゃっていました。つまりブルーライトによってよい睡眠が導けず、睡眠が浅いことで身体もメンテされず、また睡眠時には脳の記憶の整理という大切な作業もあるので、これも浅くなってしまう、ということです。

せっかくメラトニンも出て、身体が眠くなってきているのにブルーライトで覚醒し、店じまいを始めていた交感神経に改めて稼働を強いるわけです。質の悪い浅い眠りは結局朝起きられないという状況につながってしまうわけです。

問題は朝起きられないぐらいならまだよくて、浅い眠りを続けていると健康状態そのものも崩壊させてしまうかもしれません。

ちなみに夜に限らず、大量に映画や動画を見続けることは、脳を疲れさせ疲労感を増やす結果となると言われています。アニメなどに限らずテレビを見続けることは人間に大量の情報処理を強いることになって、で、この情報処理に使われるのが主に左脳と言われています。
右脳は使わず、左脳ばっかり使うことで脳は大きく疲労します。独身の時代の休日で、自堕落にどこへも出かけずに朝から晩までテレビを見て、何もしていないのに次の日は朝からどんより疲れている、といった経験はありませんか?
脳を上手に疲れさせてやることも、生活のリズムづくりには不可欠ですね。


食事の仕方や栄養バランスの悪さによって自律神経のリズムが狂ってしまった場合

朝起きられない子供さんは、受験勉強のための夜食などといって、夜や夜中に何かを食べる癖がついていたりしないでしょうか?

夜の就寝時間中は、食べたものを消化するタイミングというよりも、消化吸収した栄養素をつかってホルモンを生成したり、メンテナンスで老廃物を流したり細胞づくりに使う時間帯とイメージしておくと良いでしょう。
睡眠時に消化器に内臓に食べ物が残っていると、人間の身体は消化れ自体にエネルギーを使いますが、本来やるべきメンテンスに避ける労力が削減されてしまいます。いわば“よぶんな残業”ですね。そして、こういった一連の作業自体に大きなエネルギーが使われるので単純に疲労感が残る、ということになります。

また、かりに夜食として糖分を摂取したとすると、その分解のためにビタミン類やミネラルが消費され、また貴重なアミノ酸を原資とするホルモンなども“残業”として出動・消費させられます。アミノ酸やビタミン類、ミネラルは体のメンテナンスでも使われるべきものなので、肝心の睡眠時のメンテナンスの時間にこういった栄養素が不足するという自体が発生します。
お肌のターンオーバーも材料としてのアミノ酸やビタミン、脂質、ミネラルなどがそろってはじめて充実するものですね。夜遅くなってからの食事や、夜更かしそのものが続くと肌荒れする、というのはこういうことですね。肌荒れぐらいならいいのですが・・・。

ついでに言えば・・・
その朝起きられない子どもたち。
バランスの良い食事はできていますでしょうか?バランスが悪い上に、お菓子など甘いものを夜に食べていれば、例えば疲労を解消すると言われるビタミンBなどは糖を分解してエネルギーを作り出す機能がありますが、これが不足していることで疲労感は増し、またダブついた糖は途上物として脂肪となって体内に残り、またビタミンBは皮膚や粘膜の形成に必要なので、足りなければ口内炎等々が発症します。チョコラBBなどが活躍するわけです。

朝起きられない原因として、食事のタイミングや内容を疑ってみるのは、今後にもつながりますのでぜひやってみてください。上記した「マインドガード」という飲むタイプのサプリは、天然のものを原料にアミノ酸を中心に非常にバランスの良い成分構成となっています。まさに栄養補助として適したサプリメントではないか、と考えます。

「起立性調節障害」についてのリンク集